発達指数(DQ 60→100へ)


いつも読んでくださりありがとうございます。
教育総合コンサルタント 細井晴代です。

最近、FBにうさぎのピョン太の写真を載せています。

ピョンちゃんは食いしん坊で、本当によく食べます。

レタスなんて、1玉を1日で食べちゃうんですよ!!

うさぎのピョン太

↑ ↑ ↑
こいつです。

どんだけ~(笑)

さて、今日はびっくりしたお話しです。

お母様自身、

「ここまでになるなんて!」

と驚いている、そんな内容です。

発達支援教室クローバーへ通う武豊町のK君のお話しです。

1年前 DQ60だったのが
今回、DQ100以上になった!

スゴイですよね。
素敵な変化です♪

確かにKくんは、こわがりさんをほぼ克服し
今ではぴょんぴょんと
いろいろなところを跳んで渡るようになっています!

この変化も驚きですよね。

しかも、賞賛すべきは
お母様の接し方のうまさ♪

最初から、できる人だな~と思っていたのですが
クローバー式の接し方を日々お教えしていくと
どんどん吸収されて、
気づいたらDQが上っていた!

という感じです。

接し方って大事ですよね。

Kくんの事例だけでも、明白ですね。

接し方だけではないですけども。

もちろん、遊び方もあります。

でもね、とにかくがんばるのは
接し方といえます。

接し方だけで子どもは変わりますから、ぜひマスターしてくださいね♪

2 件のコメント

  • 堀越千聡 より:

    今4歳の息子がいます。DQ57です。
    早生まれのため、6歳になってすぐに就学しなければなりません。
    出来るだけ100に近づけてあげたいのですが、どうしたらいいですか?

    • hosoi より:

      コメント遅くなりました。
      だいぶこちらのブログをさぼっていましたので、申し訳ないです。
      さて、IQテストは言語発達に左右されます。
      それに言語によって人は主な理解をし、やりとりをしますね。
      ですから、言語を育てましょう。
      言語を育てるためには、行動したことや感じていることを言語化するとよいです。
      ちなみに、気持ちのコントロールにも役立ちます。
      詳しくは、発達支援講座をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です