広汎性発達障害S君への支援


よりそう・はぐくむ・はばたく

明るく楽しく生きるお手伝いをしています

細井晴代です。

 

広汎性発達障害と診断されていたS君は

「J」が大好きでした。

そして、全く反応がないわけではないのですが

マイペースな子でした。

 

かわいかったのが、何か課題をするときには

「J?」と言ってうれしそうに書くのです。

 

こだわりなのですが、これは自分をいやしたり

なんとか楽しもうと思って行っていることなので受け入れました。

 

とってもかわいらしいS君でしたが、

わりとこだわりは強く、普段の生活でそのこだわりは発揮されていました。

 

その1つが、「お迎えの時間」です。

 

母「4時に迎えに来るね!」

実際のお迎えは4時10分くらいだった・・・

 

S君は怒りに燃える~

 

という感じだったそうです。

自分の予定からずれると、怒れるんですよね。

 

なので、S君には普段のセッションから

「変わるかもね」

「こうすると、面白いかも」→「面白いでしょ~!(結果を変える)」

「言葉の意味には幅があるよね~」

なんていう支援をしていきました。

 

ちなみに、これは学習もそうですが、

とりわけ自信は身体・実行に宿るので

身体を使ったムーブメント教育の中でとくに行いました。

 

そして目の動き、視野が狭いとこだわりがちになるので

ビジョントレーニングも行い、思考の柔軟性を高めていきました。

 

すると、だんだん柔軟性、臨機応変に対応する力を得ていき

園での生活は難なく遅れるようになりました。

そして卒業になったわけです。

 

その後、小学校での様子をお聞きすると

お友達はなかなかできないようでしたが

一人でボールを蹴って遊び(孤独を楽しめる)

でも、蹴り返してくれたらお礼を言い、

誘ってもらったら一緒に遊んでいるようです。

 

とてもいいですよね!

安心。

 

子どもの世界に対する考え方や意識を変えると

かなり子ども自身が適応しやすくなるんだなと感じた事例でした。

 

発達支援教室クローバー

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です