前向きの抱っこで変わったH君


甘えを育てると、すごい変化が現れます。

今日は、後ろから抱きつくことがほとんどだったH君の話。

 

H君は、大人しくて指示にも割合従えるのですが

自分の意見がなかなかはっきりと言えなかったのです。

 

甘えを育てる中で、だんだんと

「いや」は言えるようになってきましたが

まだ、外部との調整という段階ではありませんでした。

 

そういうときは、大概不器用な甘えを表しています。

 

要するに、

前向きでは抱きつけない

お願いができない

頼めない

などなど。

 

しかし、素直な甘えを育てるべく

お母さまに

 

「後ろから抱きついてきたときには、

くるっと回して前向きにして抱っこしてやって」

と頼み、実践してもらいましたら

 

2週間で前向きに抱きつけるようになっていました。

 

すると、

辛いときには(ちょっと面倒だったり、難しいとき)

お母さんに抱きつきに行くことができる(避難)

やりたいときには、お母さんを頼れる(甘え)

 

私に頼みたいときに、

以前は目を合わせることはほとんどなかったのが

 

今回は頻回に目が合う!

 

自然に頼めるし!

「はる先生、トンネルやって!」って。

 

すごい変化ですよね!!

 

甘えってすごいんですよ。

素直な甘えがね!

 

もし、後ろから抱きつくことが多いなーっていう子がいましたら

ぜひとも前向きだっこをしてあげてください。

 

甘え方を知らないので、甘え方を教えてあげましょう。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です