自立するために


自立するためには、

実は

 

甘えの発達が不可欠!

なのです。

 

どういうことかというと、

甘えが育つと

 

・自分のやりたい!が育つ

・見通しが立つ

・外部と自分との調整力がつく

・自他の区別がついて、本当のやりとりができる

・人に頼れる

 

のですが

 

甘えが育っていないと

・人間関係のこじれ

・認知能力の遅れ、ゆがみ

・コミュニケーション障害

・各種精神疾患(ひきこもり、不登校含む)

 

が起きやすいのです。

 

 

だから、

〇歳だからこのくらいできて~

ではなく

 

まずは

甘えを育てて

素直に甘えられるようにしなくてはならないのです。

 

不登校も、実は甘えが育っていないことから起こることが多いようです。

 

 

甘えって言ったって、

愛情十分に与えたけど・・・?

と思われる場合もありますね。

 

そう、

愛情のかけ違いで起こることもあります。

 

とくに、ちょっとでも凸凹していると

感じ方の違いがありますから

 

子どもが欲っしている愛情と

親の与えている愛情がすれ違っている場合があります。

 

そうすると

どんなに良い親でも、甘えが育たないことがあるのです。

 

だから、

まずは子どもの感じ方を学んで

子どもの気持ちに敏感になって

 

言いなりではなく

素直に向き合うようにして

 

甘え方を教えて

怒りは慰めて

 

というかかわり方をして甘えを育てましょう!

 

私は甘えを育てる専門家なので

ぜひ頼って下さい♪

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です