クローバーの支援

文字が読めない・漢字が書けない・文章が解読できない(文章問題が解けない)

計算ができない・考える力がついていない

会話ができない・歌えない・リズムについていけない

改善できます。

 

ビジョントレーニングで改善できます。

 

位置関係、形、目の動きを整えることによって、

文字を読む、漢字を書く、図形の問題がわかるようになります。

目の動きを整えることによって、文章を読む力がつきます。

また、集団と同じ動きができるようになります。

リズムに合わせて体を動かすこともできるようになってきます。

 

ワーキングメモリトレーニングで改善できます。

 

ワーキングメモリとは、その時だけ覚えている記憶のことです。

たとえば、「算数の教科書を出して、5ページ開いて、問題4します。

はい、ノートを出して書きましょう。」という指示を覚えておく力です。

ワーキングメモリを育てる各種教材によって学びます。

それによって、指示に従えるようになる、会話が得意になる、計算ができるようになります。

 

考える力がつきます。

 

各種教材によって、因果関係を学ぶ、つながりを学ぶ、段取りを学びます。

考えてわかる教材を多数用意しております。

自然と考えることにハードルが低くなり、自ら考えることもに育ちます。

 

 

 

 

会話など人に合わせることが得意になります。

まねは、学ぶの語源です。人は人から学びます。

だから、まねを上手にすることで学ぶ力を育てます。

さらには、音楽に合わせる(リズムに合わせる)ことは、

人と合わせる力を育てます。=コミュニケーションの改善

ワーキングメモリの改善とともに、会話の力が向上します。

同様に歌えるようにもなってきます。

 

 

身体の体幹を育てることで、器用になり、考える力もつき、自信がつく。

身体は感じる器官であり、考えるために必要なものです。

各種身体を使う遊び、ムーブメント教育を中心とした遊びにより

体幹を育て、姿勢・手先の器用さ・考える力・自信を育てます。

細井と一緒に遊ぶことによって、子どもたちと遊ぶ力を育てます。

臨機応変力も自然と育ち、人とのやりとりもおのずと学びます。

 

 

 

協調性を育てる。

交代して絵を描いていく、協調性お絵かきによって

人に合わせる力・臨機応変力・協力する力・絵を描く方法・色彩・諦める力

を学びます。

 

 

 

 

 

社会性(園や学校での生活)のトレーニング(SST)

各種教材を利用して、当事者の気持ち・周囲の気持ち・

どうしたらいいかがわかるようになります。

また会話をトレーニングするカードゲームにより、

発言や会話がスムーズにできるようになります。

 

支援を受けたいなと思ったら、お気軽にお問い合わせください。

https://hattatsu-clover.com/inquiry

 

 

 

 

 

共有する...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0