小学校高学年でも絵が描けないのは


甘えと前向き思考で

驚きの発達をお約束します。

細井晴代です。

 

小学生になったのに、まだ絵が描けないんです・・・

 

というご相談ありますが、

それは、絵を描く能力というのは、年齢によってではないからです。

201757971_4097088347040724_8018362175825816647_n

 

 

 

 

 

どんなふうに絵を描く能力が育つかというと

実は、こうです。

 

頭の中にイメージできる → 出力できる

という道筋はイメージできますよね。

 

ただ、頭の中にイメージできるというのが難しい。

 

身体で感じた立体や平面の感覚

身体で感じた色や感触

を身体と脳でまとめることを必要とするからです。

 

要は、身体の感覚を育てることがまず必要なのです。

だから、まずは立体、平面、感触などなどをたくさん体験して

脳でまとめるということ。

 

すると、自然とクレヨンなどを持ち始める時期が来て

頭に描いたイメージを出力したいという気持ちになる。

 

出力したものを一緒に喜ぶことによって自信がつき

絵を描きたいと思うようになる。

 

という流れになるのです。

 

年齢は関係なく、いつからでも始められます。

ダイナミックな遊びをすることで体幹が育ち、感覚も育ち

絵を描くことができるようになります。

 

スパイスとして、喜ぶのは必須です。

 

 

1回でも効果が感じられる1回講座

前向き思考で子育ても人生も楽しくなるキラキラ講座

お勧めです。

☆LINE@で細井の最新情報を配信♪
ぜひお友達登録してね♪

友だち追加

【細井の著書】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です