講演会・セミナー・発達支援コンサルテーション

発達支援講座

image_xlarge

DSC_1688

 

発達支援講座は、入門編・初級編・中級編・上級編で構成されており、細井が独自に開発し、愛知教育大学大学院特別支援教育科学での研究で認められた技術と、発達支援教室クローバーで立証された『子どもを一ヶ月で変える方法』を分かりやすく学べる講座です。

1nyu 子どもへの基本的な接し方が学べる。子どもと楽しくやりとりできる。
2sho子どもの行動がわかる。わかり合いながら教え、社会性を高めることができる。
3chu療育理論などの理論のエッセンスが学べる。家庭での教育に活用できる。
4jou発達支援講座の完結編。実践中心。現場でリーダー的に活躍したい方へ。
4jou上級まですべて受講した方が対象。クローバー方式の講座を請け負いたい方へ。
4jou上級まですべて受講した方が対象。起業支援。教室が開催できます。

講演依頼・コンサルテーションの依頼はこちらから

発達障害関連セミナー

11401435_818813604868231_6346469072630675659_n

13064647_1001203166629273_2148307378099874247_o

 

発達障害児・者への対応法についてお話ししています。

  1. 発達障害の症状
  2. 発達のつまづきへの気づき
  3. 発達のつまづきへのアプローチ方法
  4. 認知と社会性について
  5. 社会性を伸ばすアプローチ方法
  6. ABA(応用行動分析学)
  7. 行動変容方法(ストーリーを変えて行動を変える)
  8. 褒め方
  9. 問題行動の解決策
  10. こだわりの対応方法
  11. パニックの対応方法

などをお話しします。

★今までの実績★

・おおぶ文化の杜図書館
・社会福祉法人けやきの会
・知立市民生委員連合会
・ビルメンテナンス企業「名美」連続講演
・療育サークル「いえいく。会」連続講演
・鹿児島県国保連合会

 

講演の依頼はこちらからどうぞ。

お問い合わせ内容の欄に「講演依頼」とご記入ください。

 

発達支援コンサルテーション

DSC_1536

「どう育ててよいかわからない」
「どう接したらいいかわからない」
「どう導けばわからない」
支援者も少なからず思っていることでしょう。
子どもは接し方で落ち着き、そして学ぶ意欲を高めます。
凸凹の子どもにとって好ましい接し方があります。
そして凸凹の子どもたちにとって学びやすい環境や導き方があります。
凸凹の子どもたちへの総合的な接し方・導き方を教えます。

より保護者から信頼を置かれる事業所にするために
支援者が子どもの成長を喜び、働き甲斐のある職場にするために
発達支援のコツをお伝えします。

 

(内容の詳細)
1 なぜ問題行動を起こすの?-問題行動の意味―
2 なぜわからないの?-子どものあたまの中―
3 どうやって接したらいいの?
4 どうやって指導したらいいの?
5 事例検討

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせ内容の欄に、「コンサルテーション依頼」とご記入ください。

 

共有する...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0